デザインの家

施工法

かわいい家の模型

夢に見るマイホームは注文住宅で、そう思う人は多いものです。
間取りやデザインなど、全てにおいて自由に設計できることが理由となりますが、その素材にまで拘ることができるのは、大きな魅力です。
その質感に拘ることによって、部屋の空気感といった感性に訴えるものまで自由に作り出すことができるわけです。
たとえ同じ間取りの同じ建物であっても、素材が変わることで住み心地は大きく左右されることになるものです。
ドアや床の質感、壁紙の質感などトータルインテリアとしてデザインされることで、住み心地の良い空間とすることが可能となります。
もちろん実用性の面からも、断熱性能が高く防水能力に優れた素材を使うことも大切なものとなります。

家造りは元々木造住宅が多いものでしたが、それに変わる材質のものが使用されるようになってその姿も大きく変えることになってきたものです。
いわゆるデザイン性に優れた建物を、耐震性などを備えつつ建設できるようになったわけです。
そしてその費用に関しても、大きな変化が現れてきています。
これまでは職人がその技術を駆使することによって建てられてきたために、建設費用もかなり高額なものとなっていたわけです。
けれども今では、その工法においても効率化が進み、人件費をかけずに納期も短くすることが可能となっています。
また、建材などにおいても安くて高品質な輸入品を使用するなどの工夫によって、多くの人が注文住宅を検討することができるようになってきています。