デザインの家

工務店

広いリビング

注文住宅は建てる人が自由に間取りやデザインを選択することができるのでオリジナルの住宅を建てることができます。
ですから住宅を建築する多くの人が検討する建築方法です。
とはいえ建売住宅と比較すると高価な場合が多く予算の関係から建売住宅を選択する人も少なくありません。
建売住宅というと出来上がった住宅を購入するイメージを持つ人も多いです。
しかし建売住宅でも場合によっては色やデザインを選択することができる場合もあるのです。
間取りや内部などに使用する材料はあらかじめ建築前に役所に申請する必要があります。
しかしこの際外壁や屋根、床やドアのデザインや色は必ずしも決めておく必要はありません。
また、キッチンやお風呂なども色や一部の仕様は申請後に決定することが可能です。
こうした部分に関して購入者に選択権がある場合もあるなど建売住宅でも注文住宅と同じように選択することができる場合もあります。

建売住宅でも商品の選択の幅に余裕がある場合もあると説明しました。
しかし注文住宅となるとその選択肢の幅も広がり間取りに関してもさらには土地や配置に関しても選択することができるのです。
もちろん場合によっては土地を探すことがとても大変なケースなど注文住宅だからこそ苦労する部分があることも少なくありません。
しかし全てをこだわることができるのでマイホームにより愛着を持つこともできます。
注文住宅だからこそ土地や建物、エクステリアまですべてにこだわることができるのです。
とはいえ当然こだわりを追及すると使い勝手、住み勝手が悪くなるケースも少なくありません。
こうした部分を事前に予測しアドバイスをするのが設計士や建築業者の役割といえます。